鳥海山矢島口コースを行く(令和3年7月31日)

今日は登山日より。七高山を目標に登山開始。 本日、雪渓を踏んだ箇所を紹介します。 最初に7合目賽の河原で雪渓を踏む。 7合目御田の雪渓。上部2の坂雪渓は踏まない。 康ケルンの上部の雪渓。 大雪路中間付近から上部を望む。 大雪路上部の沢では、雪渓を踏む。 舎利坂下部の沢は、雪渓を踏むことになる。 矢島口コースは、まだまだ雪渓を踏む箇所が多い。 早朝登山は、アイスバーンになっているので、要注意です。

鳥海山矢島口コースを行く(令和3年7月17日)

梅雨明けとのこと。矢島口コースを登ってきました。 登山日よりでした。 祓川神社に登山の挨拶をする。神社前の雪渓。 6合目賽の河原の雪渓。 7合目御田下部の木道から上部の雪渓を望む。 7合目御田の雪渓。 康新道分岐から大雪路の大雪渓を望む。 大雪路中間地点から山頂を望む。 9合目氷の薬師の雪渓。 舎利坂下部の雪渓。 雲海が幻想的であった。 矢島口は、残雪が多い。アイゼンは、必需品と 考えます。

鳥海山百宅口コースを行く(令和3年7月15日)

8合目唐獅子平まで行ってきました。 4合目大清水駐車場から鳥海山を望み出発する。 ブナ帯を進む。5合目、6合目を経て。 7合目屏風岩の残雪を踏み、8合目に歩を進める。 8合目上部の沢横断する箇所の残雪。 同地点から山頂方向を望み、下山する。

鳥海山百宅口コースを行く(令和3年7月3日)

4合目大清水、木橋を渡り登山開始。 ブナ帯を進み5合目大倉ノ滝をめざす。 5合目を経て6合目タッチラをめざす。 7合目屏風岩の標柱は、雪に覆われている。 8合目唐獅子平。 8合目上部の沢横断は、大雪渓である。 9合目霧ヶ平の標柱が雪渓から顔をだしている。 外輪山に到着。百宅口の標柱。 七高山山頂へ。山頂付近の花を。 本日のお花を紹介します。